アルバイトを行う高校生は学業が本分でありますが、社会の厳しさを知る点においては社会経験も身に付けておく事です。

私の高校生時代のアルバイトの経験
私の高校生時代のアルバイトの経験

高校生が行うことが出来るアルバイト

法律的に使用者が雇う事の出来るアルバイトの年齢は、15歳に満たしてからの年齢となります。しかし、職種によっては18歳を満たさないと仕事をする事が出来ない仕事もあります。従って、高校生が行う事の出来るアルバイトは、コンビニエンスストアなどの販売職やスーパーマーケットのレジが主流です。そして、18歳未満の高校生が仕事を行うときには、朝の5時から夜の10時までの時間帯による仕事に限られる事になります。居酒屋の場合は、夜の11時までの営業となるために高校生が雇えない場合が多いです。従って、朝の5時から夜の10時までは、一部の職種を除いて事業所が雇うことが出来ますが、営業時間の都合によって、雇用できないケースが多いのです。

アルバイトで働く高校生などの学生の時給に関しては、一般の人よりも数十円だけ時給が低めとなっていて、社会保険の加入に関しても、法律で国民年金に加入をする事がないので、社会保険は未加入として雇用を行います。アルバイトで働く高校生は、夕方から夜まで生活の資金の為に仕事をしているケースでありますが、学業が本業であるので、学業に力を入れるのが当たり前です。しかし、将来は自分の力で生活をしていかなければならない為に、社会経験としてアルバイトをするのも良いです。航行のときから社会の厳しさを身に染みているほうが、いずれ社会人となって、社会に出てから社会の厳しさに耐えられる傾向にある事です。