昔から高校生に特に人気の高い「ファーストフード店」でアルバイトとして働く魅力について記述しました。

私の高校生時代のアルバイトの経験
私の高校生時代のアルバイトの経験

高校生に特に人気が高いアルバイトについて。

高校生がやれるアルバイトの職種の中で圧倒的に人気が高い職場は、やはり間違いなく「ファーストフード店」でしょう。実際にお客の立場としてお店に行くと、そういった年代だと思われる子達がレジでお客さんの注文を受けている姿を頻繁に目にしますからね。ちなみに私自身も高校時代には親の経済的な負担を少しでも軽くしたいという思いから、部活などには入らず3年間ずっと放課後や休日に某ハンバーガーチェーン店でバイトとして働いていましたが、スタッフ同士の年代が同じという事もあって話も合うので、私にとってはお店に働きに行くという事自体が部活に行くような感覚に非常に近かったと思います。

また普通に学生生活だけを送っていたら、友達になるのは当然同じ学校に通っている同学年の生徒のみだったと思いますが、私が働いていたお店には学校や学年が違う人達がドンドン入ってきていたので、お店で一緒に働いているうちに仲良くなって、全然学校が違うのに仲良くなった子に誘われて他校の文化祭なんかにも沢山遊びに行ったりもしました。元々どちらかといえば引っ込み思案だった私が、ファーストフード店で働くようになってからは性格も随分と社交的になったんじゃないかなと思います。個人的にはバイトというのは単にお金を稼ぐ手段としてだけでなく、自分自身を人間的に成長させる意味でも大変良い経験を与えてくれるものだと思っているので、もし現在通っている高校の中だけの人間関係に物足りなさをお感じになられている方がいらっしゃいましたら、ぜひ色んな人と知り合えるチャンスのあるファーストフード店で働く事を検討されてみると良いと思います。