この文章は、高校生のアルバイトはどのようなことをするのかについて、体験談をもとに記述してある文章です。

私の高校生時代のアルバイトの経験
私の高校生時代のアルバイトの経験

高校生のアルバイトについてです

高校生になるとアルバイトが法律によって、可能になります。ただし、危険な仕事や深夜(22時以降)には働くことができません。また、アルバイトを始める高校生で一番人気がある職業と言えば、やはり「コンビニ関係」です。コンビニは、どこにでもありいつでも人を募集しています。夕方の時間帯である17時から22時は高校生でも働くことができるため、人気があるのです。ただ、仕事についてはお金をもらっている以上、辛いことをしなくてはなりません。

辛いことと言うと、良く言われているのが「トイレ清掃」や「ゴミ出し」です。実際に私もやったことがあるのですが、ゴミは相当重くバイト店員のやることではないだろうと感じたこともありました。しかし、時給は変わらないため、不満が貯まってしまいました。しかし、働いていていいこともあります。それは、社会に必要な知識を身につけることができるということです。バイトは、貴重な社会経験になります。そして、自らの体を使いお金を稼ぐということは、お金を稼ぐ大切さを学ぶことができる重要な場所なのです。高校生になって、遊ぶ金がほしいからという理由で始める人がいますが、決して悪いことではありません。それは、言い換えてしまえば「親をあてにしないで自立したい」という意思の表れでもあるのです。そう言った気持ちを「そんな理由で」などと決めつけ跳ね返してしまうのは、大変もったいないことなので、そういう理由で始めても決して悪いことではないのです。